レーザー脱毛でやけどしたりしない?

レーザー脱毛とやけど

 

レーザー脱毛をしたいけど火傷は大丈夫なのかな?と悩んでいる人もいるでしょう。

 

「レーザー脱毛って脱毛サロンの脱毛とは違うからやけどが心配」

 

「レーザー脱毛って安全面で大丈夫なの?」

 

「レーザー脱毛でやけどしたらどうなるの?」

 

というような疑問が出てくるはずです。

 

では、レーザー脱毛でやけどしないのでしょうか?

 

今回はレーザー脱毛でやけどしないのかについて書いていきたいと思います。

 

レーザー脱毛でやけどしないのか

レーザー脱毛ではやけどすることが起こり得るので、レーザー脱毛での施術には注意が必要になります。

 

レーザー脱毛によって、やけどした場合の症状としては「赤くなってしまう」「蕁麻疹や腫れが出てくる」「水ぶくれができる」などがあります。

 

これらが症状として出た場合はやけどが考えられるのでレーザー脱毛を行なった、クリニックに相談するようにしましょう。

 

レーザー脱毛でやけどする理由は?

クリニックでレーザー脱毛を行うので安全なように見えますがなぜ、レーザー脱毛でやけどするのでしょうか。

 

その理由についていくつか紹介していきます。

 

1、 レーザー脱毛の強い光によって

レーザー脱毛は脱毛サロンやエステなどの脱毛とは違って、強い光で脱毛するので、レーザー脱毛によって、やけどする場合があります。
また、レーザー脱毛というのは毛の根元に光を当てているのでやけどしてしまうことがあります。

 

2、 日焼けしている場合

レーザー脱毛は黒くなっている部分に反応するので、日焼けしている部分は黒くなっているのでそこにレーザーが集中してしまうので、やけどしやすくなってしまいます。

 

 

このようにレーザー脱毛の強い光や日焼けなどによって、やけどする場合があります。

 

レーザー脱毛でやけどした場合には

レーザー脱毛でやけどした場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

1、 冷却する

やけどしたところを冷やすようにしましょう。
しばらく冷やすことによって、腫れや赤みが引きます。

 

2、 薬を塗る

クリニックに行って、薬をもらうのもいいでしょう。
薬で保湿も行うことができるので一石二鳥です。

 

 

このようにレーザー脱毛でやけどしても触ったり、放置したりしないできちんと対処しましょう。

 

対処することによって、跡も残りません。

 

まとめ

レーザー脱毛でやけどするのかについて知っていただけましたか。

 

レーザー脱毛でやけどすることがあるので、やけどした場合も焦らず適切な対処をするようにしましょう。

 

レーザー脱毛をした後、やけどをした場合も参考にしてみてください。