レーザー脱毛で色素沈着が起こるリスクはどれくらい?

レーザー脱毛と色素沈着のリスク

 

レーザー脱毛で色素沈着が起こることはあるのでしょうか?

 

「レーザー脱毛をしてみたいけど、色素沈着があるというのをよく聞く」

 

「色素沈着ってなに?」

 

「色素沈着になるようなリスクってどのくらいなの?」

 

というような疑問が出てくると思います。

 

では、レーザー脱毛による色素沈着のリスクはあるのでしょうか?

 

今回はレーザー脱毛による色素沈着のリスクについて書いていきたいと思います。

 

レーザー脱毛で色素沈着が起こるリスクはあるのか

レーザー脱毛で色素沈着が起こるリスクがあり、色素沈着が起こる原因としては、皮膚に起こる炎症が原因と言われています。

 

レーザー脱毛でも十分、色素沈着が起こる可能性があります。

 

あくまで、可能性なので100パーセント色素沈着が起こるというわけではありません。

 

レーザー脱毛は人によって、合う、合わないがあるので合わなかった場合などは色素沈着が起こる場合もあるのです。

 

色素沈着になる前に肌に炎症が起こっている場合があるので注意しましょう。

 

また、太い毛や毛が密集したような場所には特に色素沈着が起こる可能性があるのでクリニックで対処してもらいましょう。

 

色素沈着を起こらないようにするためには

では、レーザー脱毛によって、色素沈着が起こらないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

 

その方法についていくつか紹介していきます。

 

1、 冷やすようにする

レーザー脱毛をした後は肌が熱を持った状態のままなので、冷やしてあげましょう。
冷やすことによって、赤みや腫れも引くので炎症を抑えることができます。

 

2、 薬を塗る

色素沈着ができる前に炎症の段階で治しましょう。
炎症ができた段階でクリニックから処方してもらった、薬を塗りましょう。
肌の保護にもなります。

 

3、 ケアをする

レーザー脱毛を受ける前にケアをしておきましょう。
保湿や日焼けをしないようにしておくことによって、レーザー脱毛をしても炎症w防ぐことができます。

 

 

このようにレーザー脱毛をした後、する前に肌の炎症を防ぐことが大切になってきますので、きちんとレーザー脱毛を行なった後も肌に気を使いましょう。

 

まとめ

レーザー脱毛によって、色素沈着するのかについて知っていただけましたか。

 

個人差によりますが、レーザー脱毛後の肌の炎症によって、色素沈着することがあります。

 

なので、できるだけアフターケアをしっかり行うようにしましょう。

 

レーザー脱毛を受ける際に参考にしてみてください。