レーザー脱毛の仕組みを知りたい

レーザー脱毛の仕組み

 

レーザー脱毛はどのような仕組みになっているのでしょうか?

 

「レーザー脱毛をしたいけどどのようなものなのかわからない」「レーザー脱毛をしたけど不安」「レーザー脱毛は安全なの?」という疑問が出てくると思います。

 

レーザー脱毛をしたいけどレーザー脱毛の仕組みがわからなくては不安ですよね。

 

レーザー脱毛はどのような仕組みになっているのでしょうか。

 

今回はレーザー脱毛の仕組みについて書いていきたいと思います。

 

レーザー脱毛の仕組みについて

レーザー脱毛の仕組みはどうなっているのでしょうか。

 

順番に紹介していきます。

 

1、 レーザー脱毛は黒い色の毛に反応します。
2、 レーザーをあてることによって、けが熱くなります。
3、 そして、熱によって、肌自体も温まります。
4、 毛の細胞(毛母細胞)がレーザーによっては破壊されます。

 

このように行うことによって、レーザーでの脱毛ができます。

 

黒い色やほくろ、シミ、ソバカスなどにも反応します。

 

なので、ほくろシミ、ソバカスなども消すことができます。

 

要約すると、レーザーによって毛を温めて、細胞自体を殺して毛を生えさせないようにすることで永久脱毛を行うことができるのです。

 

一方で、ひげや産毛などは永久脱毛することができません。

 

細胞が少ない部分にはレーザー治療は効果がないようです。

 

また、黒い毛が密集しているところも密集しているので難しいのだそうです。

 

色素沈着が濃いところはレーザーは効果はありません。

 

レーザーは黒いものに反応するので黒い範囲が大きかったりすると集中的に脱毛することができないので効果があまり見込めません。

 

では、レーザー脱毛の安全性や効果はどうなのでしょうか。

 

レーザー脱毛の安全性と効果について

レーザー脱毛の安全性や効果はどれほどのものなのでしょうか?

 

安全性としては保障されています。

 

レーザー脱毛は医療機関で行うので、専門の免許を持った人がやるので安全に行えます。

 

また、効果も他の脱毛方法よりはあります。

 

レーザーの力が強いためです。

 

まとめ

レーザー脱毛の仕組みについて知っていただけましたか。

 

レーザー脱毛というのは光の強さが違うので永久脱毛も可能になります。

 

そして、黒い色やほくろ、シミなどにも反応して無くしてくれます。

 

また、安全性も保障されているので安心して使うことができます。

 

レーザー脱毛をする前にレーザー脱毛の仕組みについて参考にしてみてください。